北海道旅行2008/07
美瑛・富良野・旭川・紋別・サロマ湖


 
■1日目 羽田旭川美瑛富良野天人峡 
□2日目 天人峡→旭川→白滝→丸瀬布 
□3日目 丸瀬布→湧別→紋別→丸瀬布 
□4日目 丸瀬布→佐呂間→常呂→網走→女満別 
□後書き □動画一覧 ≪戻 る

2008年7月2日〜7月5日に北海道へ行ってきました。
今回は久しぶりにパッケージツアーじゃなく、自分で立てたプラン。レンタカーで回りました。
今回の目的の一つは、前から目を付けていた丸瀬布の宿。
そしてまだ行ったことの無かった紋別にも行ってみます。

なお、こちらに旅行中に携帯から更新したリアルタイムっぽいレポートもありますので、よろしかったらどうぞ。

ご意見、ご感想はこちらのWeb拍手>  か 掲示板、下記メールアドレスへ。
    スパム抑止のため、画像になってます

2008.08.11 1日目公開。 以降も順次追加します。
2008.08.14 2日目公開。
2008.09.11 3日目公開。
2009.05.27 最終日、4日目を公開。 大変遅くなりました…


 ■1日目

羽田
搭乗する便が7時前出発なので、まだ暗いうちに家を出て車で羽田へ向かいます。
睡眠時間2時間… orz
羽田近くの民間駐車場で車を預け、そこのマイクロバスで空港へ。
レンタカーの旅=運転手がいる=羽田へも車で、ってのがよくあるパターンですね。
空港の駐車場使わないのは混雑状況しらんのと、こっちの方が安上がりだから、だと思う。
正直その辺は車の持ち主=レンタカーの運転手役におまかせ。

羽田空港到着後はとっとと荷物を預け、朝飯。
…またカツサンドだったw なんか自分的羽田の定番化してるw


旭川空港
これといったトラブルもなく、無事旭川空港へ到着。
気温21℃、天候は晴れ。
営業所でレンタカーを受け取って、いよいよ出発です。

あ、そうそう、のぞいてみた空港の売店で入手が難しいお菓子、「じゃがポックル」を発見。確保w
パッケージツアーだと荷物になるからキツイけど、レンタカーだしね。


美瑛・北西の丘展望公園
20分程度で最初の目的地に到着。
美瑛の観光名所、「パッチワークの路」近くにある、北西の丘展望公園です。

写真はその展望台。 …なんでピラミッド型なんだろw
観光バスも停まっていて、結構賑わってました。


北西の丘展望台より

早速展望台へ登ってみました。
若干ガスってる感じですが、一面広がる緑や茶色の畑…癒されるー

自然でも無く、人工物とも違う。
人の手によって作られた畑だから、季節によっても、育てる作物によっても変わる。
同じ場所で同じ作物を作り続けたりはしないので、同じ場所でも年によって変わる。
二度と同じ風景にならないと言われる、美瑛の風景。


マイルドセブンの丘


じゃがいも畑の向こうに並ぶカラマツの防風林。
かつてここで「マイルドセブン」のCMが撮影されたことから、「マイルドセブンの丘」と呼ばれています。

ちょうどじゃがいもの花が咲いていて、綺麗でした。
背後の空がもっと澄んだ青空だったら申し分なかったんですけどね。


名も無き花畑?

マイルドセブンの丘から美瑛駅方向に戻ってくる際に発見。
見事なまでの一面黄色の花畑! すげーーーー!!
たくさんの人が足を(車を)止めて眺めていました。


道の駅 びえい「丘のくら」 [携帯]
大正時代に作られた石倉を改造してオープンした、新しい道の駅。
JR美瑛駅のすぐ近くにあります。

ちょっと休憩。


お昼
美瑛駅から車で数分程度、丸山球場近くにあるお店「木のいいなかま」さんへ。
本日のお昼です。

…が、ちょっと計算が狂って11時少し過ぎた頃に着いてしまいましたw
まだ開店前だったので少々店の周囲をぶらついたりしてから入店。


caferest 木のいいなかま [携帯]
木に囲まれたログハウス風の落ち着いた雰囲気のお店。

ここは地元産の野菜を使った料理で人気のお店で、中でも大きなじゃがいもが入ったオムレツが人気らしい。
写真は期間限定の「ジャガイモとアスパラのオムレツ」。
中には大きなジャガイモがごろり。アスパラもたっぷり。
ジャガイモってこんなにおいしかったんですね。改めて教えられた感じ。

なかなかの人気のお店のようで、お昼の時間になると次々とお客さんが入ってきていました。
早く着いてラッキーだったのかも?


千代田の丘 見晴台
10分ほど車を走らせ、美瑛東部の畑に囲まれた丘陵地帯へ。
レストラン「ファームズ千代田」の敷地内にある、千代田の丘 見晴台です。
(別に食事しないと入れないとかじゃないのでご安心をw)

入り口付近にも駐車場があるのですが、事前の調べで見晴台まで行けるのを知っていたのでそのまま進入。
未舗装の砂利道の急坂を登っていくと見晴台と、そしてちゃんと駐車場がありました。


千代田の丘より


上:緑の丘と十勝岳連峰
 若干ガスってて背後の山並み(多分、十勝岳連峰)がうっすらとしか… つД`)
中:水沢ダム
 水沢ダムのダム湖を望む。春には白鳥がやってくるとか。
下:見晴台裏手の畑
 黄緑、緑、黄色、茶色…正にパッチワーク。

充分美瑛の丘の風景を堪能したところで、美瑛を後にして富良野へ向かいます。
ま、また後で戻ってくることになるんだけど、丘の景色は多分これで終わりだからねw


富良野・ファーム富田


30分ほど走って、富良野・ファーム富田に到着!
去年の夏も来たのに何故またかというと、去年参加してないメンバーのリクエストでして。
丁度満開だった去年と比べるとまだ咲いていない品種も多かったんだけど、そこはファーム富田。
多くの品種のラベンダーを扱っているので、綺麗に咲いているものも。
ラベンダー畑は美瑛やここまで来る途中にもたくさんあるんですが、わざわざここまで来たのはファーム富田さんなら7月始めのこの時期でも咲いてるものがあるはずと睨んだから。
正解でしたね。

下の写真で判りますが、園内は夏休み前だというのにすごい混雑っぷり。
ちなみに上空の緑色の物体はメロン型アドバルーンです(笑)


ラベンダーカルピスw
暑かったので売店で何か飲み物を…と探してみたら「ラベンダーカルピス」なるものが。
興味本位で頼んでみたんですが、期待に違わずこの色(笑)
恐る恐る飲んでみたら普通においしかったですよ。
ほんのりと香るラベンダーの香りがいい感じ。

他にもラベンダーラムネやラベンダーソフトクリームなどがありましたw
あ、あとお土産にラベンダーティー(紅茶のティーバッグにラベンダーが入ってる)を入手。

目と鼻と舌でラベンダーを堪能した後、富良野を後に本日の宿へと向かいます。


天人峡


16時前に本日の宿のある、天人峡に到着。

天人峡は大雪山の南東山麓、忠別川上流の渓谷沿いにあります。
大雪山周辺では層雲峡に次いで古い温泉があり、1894年に発見されたそうです。
周囲の山肌には層雲峡と同様の「柱状節理」が見られます。

天人峡というと羽衣の滝が有名なのですが、そこへ至る道が昨年発生した崖崩れのため通行止め。
おまけにクマも出没するとか。
行く前から調べは付いていたんですが、やっぱり残念。


天人閣

歴史ある天人峡温泉でも老舗のホテル、天人閣。
ここが本日のお宿。
加水無し、源泉100%かけ流しの温泉が自慢の宿です。

ホテルの前には下の写真のように忠別川の美しい流れが。
この水音が部屋にいても聞こえてきて、これがいいんですよね。
川の音を聞きながら、部屋でぼーーっと。
歴史のある温泉郷だけあって古さを感じる部分もありますし、ひなびた、というか寂れた、という感もありますが、これはこれでありだなー…


襲来!w
なーんてのんびりしてると、急に外が騒がしく。

何かと思って外をのぞくと、ホテルの前に小学校の高学年らしき子供達の行列が…
それが続々とこのホテルに吸い込まれていく。

後で知ったんだが、札幌の小学校の修学旅行だって…
かくて「静かでひなびた温泉宿でまったり」計画はわずか1時間程度で潰え去ったのでしたw

その後もホテル内をわいわい騒ぎながら上へ下へ右へ左へと大移動。
広間で何かの会をやってるのか、みんなで合唱する声が部屋の中まで…
ま、自分らがガキのこと考えれば文句も言えないけどねw
 …いや自分自身は騒いだりしなかったですよ?

てか、一般客がいるフロアを付き添い教師がいない状態で子供達がうろうろするのって、色んな意味でまずいと思うんだが…

ま、ともかく、こんな感じで1日目の夜は更けていきましたとさw
ちなみに夕食はよくある感じのバイキング形式だったので、写真はありません。


↑Top →Next


[携帯] の表記がある写真はカメラ付き携帯、DoCoMo N905i で、
それ以外はデジタルカメラ SONY DSC-F717 で撮影しました。
なお、写真にはレタッチを施してあり、オリジナル画像ではありません。 


BACK


当サイト内コンテンツの無許可での複製・転載・再配布を禁止します。