北海道旅行2008/07
美瑛・富良野・旭川・紋別・サロマ湖


 
□1日目 羽田→旭川→美瑛→富良野→天人峡 
■2日目 天人峡旭川白滝丸瀬布 
□3日目 丸瀬布→湧別→紋別→丸瀬布 
□4日目 丸瀬布→佐呂間→常呂→網走→女満別 
□後書き □動画一覧 ≪戻 る

 ■2日目

朝の天人峡
朝の天人峡。よく晴れています。ちなみにこれ6時20分頃w

ちなみに修学旅行の皆さんは、散歩なのか歩いてどこかへ行きました。
朝早くからご苦労さまです。  …夜遅くまで騒いでたっぽいのになぁw

ツアーだとせわしなく7:00〜8:00には出発って所ですが、今回はレンタカーなのでゆっくり朝食とって9時少し前に宿を出ました。


旭川・旭山動物園
1時間ほど車を走らせてやってきたのがここ、旭山動物園。
もはや説明の必要すらない、日本一の動物園となりました。
私自身は3度目ですが、同行者から「冬しか来てないのでまた来たい」とリクがあったので。
それに新施設や新設備が次々できてますしね。

写真は東門を入ったところにあるモニュメント。
ここからは下の斜面に広がる動物園と、更にその奥に旭川の市街が望めます。


オオカミの森 (1枚目のみ[携帯])


そして入園してすぐ向かったのが、その新施設「オオカミの森」。
6月末にオープンしたばかりです。

……こっちみんな ((;゚Д゚))ガクブル
前に虎撮ったときも思ったけど、やっぱ眼力というか目力というかそんなもんが違うなぁ。
こえーよw

今はまだ3匹ですが、繁殖に成功して「群れ」と言えるような集団ができれば…
そしてそれがこの”オオカミの森”を走り回ったり、遠吠えしたりしてるところを想像すると楽しい。

でも100年くらい前まではこの北海道にも狼が棲んでいたんですよね…
もちろん、当時は「楽しい」どころか恐怖の対象だったんだろうけども。


遭遇
で、そのオオカミの森の前で撮影現場に遭遇。
インタビューを受けているのはTVでもお馴染み、副園長の坂東さん。
取材側はこの写真からは見えませんが、マイクを見ると「めざましTV」の文字が。

後日、偶然にも旅行最終日の7/5(土)に「めざましどようび」で放送されているのを見ることができましたw


レッサーパンダ

吊り橋の上でお休み中のレッサーパンダ。
客が歩いてる通路の上に吊り橋が架けられていて、下から観察できるようになっています。

かわいすぐるwwww
下にぶら下がった尻尾がもふもふーーー
触ってみたい!


ペンギン


続いてぺんぎん館へ。
上:岩の上に立ってなにやらアピールしてるw
中:水中トンネルから見た、泳ぐペンギン。 彼らが鳥だってことを実感できます。
下:エサやりの時間。みんな飼育員を見てるのに、一匹だけバケツに首つっこんでるのがw。


ホッキョクグマ

ほっきょくぐま館。

この頃には園内は団体客やら修学旅行生やらでかなりの混雑。
ほっきょくぐま館といえば泳ぐところが見られる施設ですが、大混雑してたので見たことある自分はパス。
外からエサやりシーンを見てましたw


アザラシ


最後はあざらし館です。
こちらもちょうどエサやりの時間(モグモグタイムとしてイベント化されてます)。
時間が近付くと判るのか、次々と上陸し飼育員を待っています。
写真中段は現れた飼育員におねだりしてるところw


旭山動物園・東門
モグモグタイム見てたら当初の見学予定時間を過ぎてお昼になってたので、慌てて出口へ。
何度来ても楽しいところですw

この建物内にはレストランと売店が入っていますが、レストランは混雑してるし、予定してた所もあるので土産物だけ買って車へ。
昼食予定の場所へ急ぎます。


旭川・回転寿司 トリトン旭神店 [携帯]

20分ほど走り、旭川市街へ。
今日のお昼は回転寿司 トリトン旭神店さんです。
…あ、外観撮影するの忘れたorz

回転寿司なのにレベル高すぎw
どれもおいしかったー
特に写真左下の炙りトロサーモンと右下の炙りサバは最高。

安くて旨い!回転寿司、超オススメ。

さて、腹がふくれたところで、お楽しみの丸瀬布の宿に向けて大移動開始!


白滝PA/道の駅 しらたき
旭川紋別自動車道に入り、北海道を横断。遠軽町の丸瀬布を目指します。
途中、道の駅 しらたきで休憩。
ここは白滝PAでもあり、道の駅でもあるのです。

…で。

 
暑 い !

北海道としては異様なほど、じめじめとむし暑い。
上の写真では24℃となってますが、湿度が高いようでもっと暑く感じる。


道の駅 まるせっぷ [携帯]
白滝からさらに走って、旭川から合計2時間ほどで丸瀬布到着。
再びちょい休憩。

この緑の三角屋根の木芸館には、地元の木材を使ったウッドクラフトを展示販売してます。
フォトフレーム、オルゴールなどの比較的安価なものから、テーブルやイスなどの大物、芸術作品っぽいのまで様々。
なかでも、プレゼントするお子さんがいるなら、積み木系が超おすすめ。
木の肌触りや角の微妙なアールなんかがいいですよ。


丸瀬布温泉 マウレ山荘
駅前のセイコーマート(コンビニ)で飲み物やお菓子なんかを買い込み、2,30分車を走らせ本日の宿に到着。
静かな森に囲まれた北欧風のリゾートホテル、マウレ山荘さんです。

ここは今回の旅の目的の一つでもあります。
温泉あり、コテージあり、温泉付きの部屋あり、メゾネットタイプのお部屋ありで、以前旅行ガイド誌で見つけてからずっと目を付けていた所でして。

ただ、ここへ来ても異様な蒸し暑さは変わらず。ホテルの人の話でもこんな事は今まで無かったとか。


AD
丸瀬布温泉 マウレ山荘

北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利172
TEL:0158-47-2170

マウレ山荘・温泉付特別室 [携帯]
今回は温泉付きのメゾネットタイプのお部屋にしました。今日明日と連泊です!

……えっと。
まともな部屋の写真なくてごめんなさい。
写真撮る前に荷物広げちゃってとてもお見せできる状況じゃなくなってしまったw

左が1階から2階を見上げた所。天窓と2階の部屋が見えてます。
1階にはリビング的スペースとベッド×2と和室が、2階にはソファーベッドとベッド×2があります。
我々は5名で利用しましたが、定員は7名なので余裕でした。

右の写真は部屋付きの温泉。 混ぜもの無しの源泉かけ流しだとか。
温泉が部屋にあって、好きな時間にいくらでも、落ち着いて入ってられるのはやっぱり(・∀・)イイ!!


夕食

夕食はホテル1階のレストランで(宿泊料金に含まれてます)。
写真はほんの一部。
一応コース料理なんだけど、和洋折衷で肩肘張らずに食事できる雰囲気。 正直助かるw
左上が時鮭の塩焼き、右上が中札内産鶏もも肉のロースト トマトソース。
左下が韃靼そば、右下がデザートの杏仁豆腐。
他にも刺身やグリンピースの冷製スープ等々、どれもおいしかったー
(照明落とし気味の店内でフラッシュ使いたくなかったので、おいしそうに写ってないですが…)

ちなみに自分達は一番お安い「モシリコース」だったんですが、充分満足できました。
参考までに宿泊料金はこれで13,000円。 (時期や人数によって変わります)
あの部屋でこの食事で、部屋に温泉付いててこのお値段はなかなかオトク。


↑Top ←Prev →Next


[携帯] の表記がある写真はカメラ付き携帯、DoCoMo N905i で、
それ以外はデジタルカメラ SONY DSC-F717 で撮影しました。
なお、写真にはレタッチを施してあり、オリジナル画像ではありません。 


BACK


当サイト内コンテンツの無許可での複製・転載・再配布を禁止します。